【読書感想(前編)】結婚よりもカネ!自由!/Rootport『失敗すれば即終了!日本の若者がとるべき生存戦略』

f:id:Rustyautomata:20170327123912j:plain

 

 

rootport.hateblo.jp

 

※著者のブログ。「冗語」カテゴリーにて豊富な事例やデータを使い、世の中を斬っている記事が多い。

 

 

 

 少子化の原因

 

第1章では、なぜこれほどまで少子化が進んだのかを紐解くところから始まる。結論から言ってしまえば、所得が足りない。子を産み育てさせるには、まず年間所得500万円を獲得する必要があるという。そのためには、労働者が賃上げを要求し、女性の雇用拡大を推し進めることが解決策だと掲げる。

 

結婚にここまでカネが必要になったのはなぜか?それは、技術革新が進めば進むほど、子育てのコストも上昇するという「教育と技術の競争」が適用されるからだ。

今の若者は、確かにバブル時代の20代ほどカネをもっていないのだろう。賃金が低く、とても子育てなんかする余裕がないという状況にある。間違いなく、少子化の大きな原因の一つだ。

しかし、まだ他にも少子化に拍車をかけている原因はあると自分は睨んでいる。それは、結婚生活が幸せのカタチという考えの崩壊。いやさらに踏み込んで、結婚は幸せを生まないという考えが広がり始めているということも考えられるのではなかろうか。

 

個人主義の権化として育ってきたわれわれ20代にとって、独身でできることの幅の広さは非常に魅力的だ。誰にも咎められることなく、自分の好きなことに没頭できるのは独身でこそなせる業。趣味に、自己実現に突き進むことに心血を注ぐ人は本当に多い。

 

f:id:Rustyautomata:20170406094931p:plain

(※2016年 20~40代の恋愛と結婚(第9回 結婚・出産に関する調査より) | 調査研究・レポート | 明治安田生活福祉研究所より)

 

20代に注目してほしい。このグラグの項目で、

「自分は社交的なタイプだ」

「休日は家にいるより出かけるほうが好き」

この2つに注目すると分かりやすい。

全て10%以上の減少率だ。この3年間だけで、個人で楽しむことを信条とする人がここまで増えているということが分かる。

 

この話は実感としてもある。私はいわゆる「オタクサークル」出身なので、アニメにゲームに声優にと、例外なく全員打ち込んでいるものだけに向き合う人がほとんどだった。女性とお付き合いする余裕などないと感じさせるほどに、彼らはとても真剣に自分の好きなものと向き合っていたと思う。

 

もうこうなってしまっている以上、少子化の解決は当分先の話になるだろう。まず、賃金が目に見えて上がる時期がいつ来るのだという話である。株価は回復しようと、賃金が上がっているなんていう情報は聞かない。政府も補助金をちまちま支給するくらいなもので、抜本的な子育て支援制度の進行は中々見られない。

カネ、若者の結婚観、労働時間、これら3つの問題を解決しなければ、少子化は止まらないだろう。

 

 

この本、複数のテーマが論じられていてどれも非常に興味深いものだった。

なので、この記事は少子化の話だけにして、また次回別のテーマで投稿しようと思う。

 

(次回に続く↓)

 

rustyautomata.hatenadiary.jp

 

 

 

失敗すれば即終了! 日本の若者がとるべき生存戦略

失敗すれば即終了! 日本の若者がとるべき生存戦略

 

 

 

 

 

【読書感想】やっぱり環境がものをいう/池上彰、佐藤優『僕らが毎日やっている最強の読み方』

 

 新聞の活用法、おすすめの雑誌やニュースサイト、ネットの活用法、本の読み方選び方、中学高校の教科の勉強についてと、何かを勉強したくてうずうずしてるけどどうすればいいんだという人向けの本。目から鱗な方法はないが、基礎をガッチリ押さえてる手堅い指南書という印象。

 

 

特に3章に記載されたネットやSNSを使う上での注意点は、現代人には刺さりまくるだろう。ここだけは立ち読みでも内容把握しておくべきだと思う。ネットこそが至上の情報収集ツールだと信奉している人は特に。

 

 

ネットって、自分みたいな怠惰をこよなく愛する人間にとって最高の娯楽ツールだ。だからこの本に書いてある通り、ネットサーフィンしてやたら時間潰したり、プリズム効果で思想が凝り固まったりっていうデメリットの方を多く享受しているだろう。

現代人はネットに振り回されっぱなしなのである。技術進歩に人間の脳が追い付いていない。そういう自覚がない人にネットを与えても、有効には使えまい。

 

 

ところで、池上彰佐藤優のスケジュールがこの本に載っていたのだが、両者とも相当なハードスケジュールを毎日こなしてるようだ。彼らにとっては、これくらいしないと仕事にならないからこうなってるのだろうが。やはりこれだけのスケジュールをこなせるのは、置かれた環境がそうさせているのだと思う。後は仕事自体を楽しんでいるのだろう。彼らは、新しい知識を手にすることに喜びを感じていることを言及していた。

 

 

ここまで何かに打ち込んでいるようなスケジュールを見せられると、ここまでして働く人生は嫌だなあという感想が出てくる。自分の今の環境は、とてものんびりとしたものだ。彼らのようにここまで激務になることはないだろうが、いずれ働くことになればこの生活も終わりを迎えるのだろう……

 

 

胸が苦しい。

 

「人生リセットボタン」より「出生リセットボタン」が欲しかった

 

 

 

 

人生をリセットしても根本的解決にはならない。

人生をリセットしたいと思うほど人生を憂いているのなら、人生やり直したって不満タラでしょうよ。

そもそも、「人生リセットしてぇ……」ってよく思ってるような人間が人生リセットできたとしても、また人生リセットしたいって言ってるのが目に浮かぶ。

 

 

人生っていうのは逃げ場のない牢獄だ。

そんな地獄に誰が好きこのんで行くんだ。真正のマゾくらいだろう。

この地獄に行くのに決定権があるんだったらまだいい。自分の意志で飛び込むんだっていうんなら、それはそれでいい。

しかしそんなのもは存在しない。こうして自分が生きているとはっきりした自覚が生まれ、思考を巡らせることができて初めて、自分という存在が人生という途方もない舞台に放り込まれたんだと悟ることができる。

 

 

冗談じゃない。ちゃんとセックスで精子を放出した後、卵子精子で議論が行われないからこうなるんだよ。「今回我々から誕生する人間は、人生に耐えうるほどの逸材たりえるか?」って毎回議論してくれるような思考能力と場を人間の精子卵子に搭載すべきだったよ神様。

「あ、今回は遺伝配分的にヤバそうだから受精ナシナシ!」とかやってくれれば、今の自分みたいに人生を呪う存在を事前に間引きできるだろうに。

 

 

人間の出生プロセス内に、精子卵子段階での出生リセット機構を早急に備えるべきであります。

精子卵子に人間と同等レベルの思考・分析能力を備えるべきではないでしょうか。

 

 

……人間じゃなくて、草木とか雲とか空気に生まれたかったよ。

怠惰から抜けられない理由が分かった気がする

 

最近、こんな考えが脳裏をよぎった。

それは、「死にたくないから生きてるだけ」という考え。

そして、「生きる動機が特にない」という気づき。

 

そうなんですよね。

別に生まれたくて生まれたのではありません。

生まれてしまったので仕方なく生きています。

死ぬのはまだ怖いので。(人の目だったり、物理的な痛みだったり、苦痛を感じるのはとても嫌なので)

 

億劫なことは何もしたくないんですよね。

ネットしたり、動画見たり、ゲーセン行ったり、本読んだりするくらいならしたい。

こういう簡単な消費活動はしたいけど、それ以上ハードな仕事、生産活動はしたくない。

 

だからおちんぎんのために生産活動を行う“就労”なんかやりたくない。お金貰える以上に面倒くさいが圧倒的に勝ってしまう。

お金がないと生きていけないと分かっていても、それでもやっぱりめんどくさい。

いっそ、お金で困ったら自分はどういう行動をとるのかなあと気になったりする。

それで人生転落しても、どうでもいいと冷めた自分が確かにいる。

まるで、死の恐怖から解放されるのを虎視眈々と待ち続けているかのようだ。

 

もうここまで卑屈な心を持ってしまっているのだけど、別にこの心を変えようとか特に思わない。

心なんて、変えようと思って変わった試しがない。

気付いたら勝手に変わっているものだと思ってる。

だから、もうどうでもいいやと思う。この怠惰な心の先にどんな結果が待っていようとも、それはそれでいいや。破滅なら破滅で構わない。

 

再就職先が決まったけど、億劫や怠惰を愛しすぎている自分のことだ、いつまでもつのだろうか。今回もあまりもたないかもしれないな。知らんけど。

 

じたばたしたって何も変わらないし、変えようと思いもしてないんだからもう仕方ない。時の流れに身を任せて、何かが変化するのを待つしかない。

 

現状、ナマケモノでもなんだかんだやっていけたんだから、どうにかならない事態にならない変わりようもないな。そこで選択を迫られるわけだ。新しい環境でナマケモノをやめるか、そこから逃避してナマケモノを続けるか。

 

まあこれから先のことなんて誰にも分らないから、考えるだけ無駄だな。今日も好きなだけ怠けるのみ。

「空気を読む」から「口に出す」への転換 ~やっぱり言わないと分からない~

 

皆さん初めまして。

赤凪ランタナというものです。

 

「今日から気になることとか書きたいことをこのブログに書いていこうかなー」というゆるい気持ちで始めてみました。

 

不定期更新かつジャンルもバラバラになると思いますが、どうぞゆっくりお読みくださいまし。

 

じゃあ早速本題に入っていきますね。

 

 

 

 蔓延する「空気読め」

 

togetter.com

 

 このまとめ内の一枚目の画像、皆が忙しそうにしている中ひとり定時で帰ろうとする男の人に不満をもらすという構図に注目が集まりました。「むしろ左3人がアスペ」とか「定時で帰れるならアスペになりたい」とか様々な意見が集まっていたんですが、私が言いたいのは、「口に出さないと分からないよ」ということです。

 

 おそらくこの画像、アスペルガーの人は普通の人よりその場の雰囲気を読む能力が低いことを表したかったんだと思います。しかし皮肉なことに、左の3人の言い方(左端の人は喋ってないんですが)がまずい。暗に、「なんで言われなくても残業しないんだ?」という非難のサインがにじみ出ているのか分かります。

 

 「直接言われなくても、今日は残業しなきゃいけないって分かるだろ」って自分が言われた時を想像してみてください。おそらく首をかしげたくなる方が多いのではないでしょうか。言われなくても残って手伝うのは当たり前、他の人が残っていたらあなたも残るのは当たり前、「察してよ」、「空気読め」、私たちは実に様々な場面でこの「空気を読む」という行為を取っています。ですが、私はこの空気を読むという行為に頼りすぎていては、皆が不幸になるだけなのではないかと思うのです。

 

理論的話し合いが弱い日本人

 

 日本人はよく以心伝心や阿吽の呼吸を重視すると言われていますよね。なぜこのような風習が生まれたのか?それを知るためには、日本の地形や宗教、気候などなど、挙げれはキリがないほどの要素*1に手を突っ込まないといけません。それほどまでに複雑な背景があって、このような風習が広まっているのです。

 

 しばしば、日本人は理論的な話し合いが苦手だと指摘を見ることがあります。おそらく、こういった口に出さずとも分かってくれという、感情の面を頻繁にコミュニケーションの方法として用いているからなのではないかと思います。感情を使って話し合い、感情を使って問題を解決するという場面が多く、なるべく客観的にじっくりと合意をするということは中々起こりません。*2

 

 そもそも、学校や大学でしっかりとした議論を学ぶ人が少ないのです。ディスカッションやディベートもそこまで発達していない以上、理論的な話し方を学べる機会は明らかに少ないと言えるでしょう。これでは理論的に話そうと思っても話せないのが当然です。

 

基本は口ではっきり使えること

 

 少し話がそれましたが、いくら私たちが空気を読むことを習慣的にやっていたとしても、場の空気を完璧に解読できる能力はそんなに高くないと思うのです。やはり言わないと分からないのです。はっきりと伝えないということは、相手が誤解する可能性を容認することと同義だと思った方がいいです。だって、私たちはエスパーではないのですから。

 

 口に出してものを言う習慣は、諸外国に比べて日本ではあまり根付いていません。おそらく、余計なことを言って相手を傷つけたくない、発言の責任を持ちたくない、場の空気を乱したくないという、一種の奥ゆかしさや気遣いが根強く残っているからなのでしょう。それらは確かに日本特有の誇らしい伝統性たりえるのでしょう。しかし、基本的には空気という曖昧な空間を使って表現するのではなく、はっきりと伝えるということを意識した方が、多くのトラブルを避けることができるのではないでしょうか。

 

 言うことで防げるミス、言うことで解決するものごと、口に出すことで何かが進展するということはとても多いはずです。せっかく人には口と耳がついているのですから、使わない手はないですよ。

 

 かくいう私もかなり内向的な人間なので、過剰なまでに沈黙したり、「空気を読んでくれ」と相手にプレッシャーを与えてしまう側の人間なんですよね……。この記事を読んでいて一番ダメージを受けているのはきっと私です。イタタタタ。

 

 

 

 

 

 

*1:残念ながら今の私にこれらを解説できるほどの知識はないです

*2:会議なんかは名目上このように掲げるでしょうが、実際は感情的に進行することも多いでしょう